×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

パノラマカン
index PixMakerPro PanoramaMaker4
PanoramaStudio
ドイツ製ソフトで、Tobias Hullmandel Softwareentwicklungの製品です。
(ディー・リンク株式会社の全方位レンズや魚眼レンズで撮影した写真を扱う同名ソフトとは関係ありません。)

日本語版はありません。

 トップ画面。

特徴は、1.横方向のみ 2.完成写真のレタッチ・加工機能、3.ホットスポット、4.ユーザによる微調整不可、などなど。
1.横、360度の2種類のパノラマ写真作成を選択できます。
2.シャープ、明るさ、トーンカーブなど、完成写真をレタッチする機能があります。

「Import」→「Stitch」→「Optimize」→「Save」の順でパノラマ写真ができあがります。
「Import」で繋げたい写真を指定し、「Stitch」で連結、「Optimize」でレタッチ、「Save」で出力します。

「Import」
元ファイルを選択し、一気に読み込みます。
写真の回転調節が可能です。

「Stitch」
自動合成が始まる前に、撮影に使ったカメラやレンズ、基準になる水平位置を指定します。
自動合成にかかる時間は少し長めです。
ユーザが合成位置を微調整できる機能はありません。

「Optimize」
写真レタッチソフトのような簡単な加工・修正が行えます。

「Save」
JPEGやQTVRなど各種出力できます。
では、合成結果を見てみましょう。

※仕上がり具合を確認するため、自動クロップ機能はわざとオフにしました。

まず、一。



青空の繋がりも自然です。

次、二。



本堂の屋根のラインも上手に繋がっていて修正は不要のようです。

最後、三。



屋上デッキの手すりが繋がっていなかったり、元写真の6、7枚目にだけ写っていた車が幽霊然に合成されてます。
合成位置を手作業で修正できないので、消すのは難しそうです。
6枚目の写真を外してみたりしましたが、残念ながら幽霊は消えず、水平のラインも歪んでしまいました。